借金体質

MENU

借金体質を改善するためにはお金の使い方を根本的に変えよ!!

借金体質 減らない

 

借金体質の人に共通する特徴に、お金を稼いでも稼いでも借金が減らない
またはそれ以上に借金が増えていってしまうという傾向があります。

 

これはなぜかというと、借金を返せるだけの収入や金銭的な余裕が本来はあるはずなのに、
それ以上に無駄なものを買って浪費させてしまっているんですね。

 

 

借金体質から抜け出すために本来必要なのは、

 

借金の返済分を支払ったらあとは
貯蓄に回してできるだけ出費を少なくすることです。

 

ところが借金体質の人というのは、
本当は別に必要ではなかったものでも、
ちょっとお金に余裕が生まれたからすぐに何か新しいものが欲しくなるのです。

 

例えば洋服やアクセサリー、高いものであれば車などでしょうか。

 

こういったものは実質的には必要のないものばかりです。

 

 

洋服やアクセサリーなどでも安くていいものはいくらでもありますし、
車も本来は単なる移動手段ですので、安全性を除けば軽自動車で十分でしょう。

 

しかし借金体質の人というのはお金を持つと、
なぜか様々な欲が沸いてきて、別に必要のなかったものまで必要だと思い込み、
手持ちの財産をどんどん目減りさせていくわけです。

 

その結果、前よりも収入は増えているはずなのに
全く借金が減らなかったり、
貯金もできないという事態が起こるわけです。

 

心理学の観点から見れば、
こういった借金体質の習慣は潜在意識の働きによるものなのですが、

 

このような悪い癖から抜け出すためには
まずはしっかりと家計簿をつけ、収支を視覚化できるようにしましょう。

 

特にクレジットカードなどを頻繁に使っていると、
手元にお金はあっても、借金はどんどん増えていることになります。

 

ですから基本的にあまりクレジットカードは使わないようにし、
細かな部分まで自分がどのようにお金を使っているのか把握します。

 

そして「買う必要のあるもの」「買わなくても良いもの」
棲み分けをきちんと行うように習慣化すれば、かなり借金体質から抜け出せます。

 

間違っても衝動買いは禁物。

 

特に娯楽の類は、衝動買いをせずに1週間くらい考えれば、
そのうち別に欲しくなくなることがほとんどです。

 

そういったものは結果的に必要なかったものだと判断できます。

 

 

このように収支の流れを把握し、無駄なものは買わないというスタンスを貫けば、
必ずどんな人でも借金体質から抜け出して、
お金を貯められるようになるので試してみてください。