借金とお金

MENU

「お金が全てじゃない」は稼いでいる人が言う言葉

お金が全てじゃない

 

「お金が全てじゃないよ・・・。」

 

この言葉、色々なところで耳にしますよね。

 

かくゆう私も昔はよく飲み会などで友達に言っていた記憶があります。

 

 

でも今ならこんなこと、綺麗ごとだとしか思えない発言だと思うのです。

 

何故ならお金があれば、そもそも借金なんてしませんし、
嫌な仕事をしたり欲しいものを我慢しなくたって良いわけです。

 

つまり私たちはお金が原因で、
私たちを取り巻くあらゆるできごとから制約を受けているということ。

 

 

 

要はお金があれば解決できることがほとんどだったりするわけです。

 

その現状を本当はうすうす感じているにも関わらず、
自分自身のプライドを保つためだったり、妙な安心感を得るために
「お金が全てじゃない」なんて言ったりするわけですね。

 

でも本当に現状の生活から抜け出したかったら、
やっぱりお金を稼ぐことに意識を注ぐべきなんですよ。

 

 

確かに私も本心ではお金が全てとは言いません。

 

人との絆とか愛情はやっぱりお金では買えないわけで・・・。

 

でも逆に「金は縁の切れ目」という言葉があるように、
お金で人が離れていってしまう事実もあるわけです。

 

 

だからこそ理屈は抜きにして、とにかくお金を稼ぐということにもっとフォーカスするべきだと思うんです。

 

 

今自分が不満に思っていることとか、
やりたいことを実現するため・・・何でも良いのですが、
お金があればほとんどのことが解決できると思いませんか??

 

 

誤解を恐れずに言えば、「お金が全てじゃない」という言葉は
自分に対する言い訳なのではないかと最近気づきました。

 

私の場合は「お金を稼ぐこと」にあえて執着するようにしてから、
ビジネスも上手くいくようになりましたし、
借金で頭を悩ませることもなくなったのです。

 

やはり自分の本音や本心に嘘はついてはいけないということですね。

 

「お金が全てじゃない」というフレーズは本当にお金持ちになった人が言う言葉だと思います。

 

 

そこに至るまでは、もっと正直に貪欲になって、
クリエイティブに生きて行くことが自分を成長させ、
あらゆる問題から開放させてくれる手段だと確信しています。

 

もっと堂々とお金を儲けるために試行錯誤してみましょう。